【モバイル商品券プラットフォーム byGMO】導入事例のご紹介:「養老Payプレミアム2023」・岐阜県養老町さま

平素より格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
自治体や事業者が発行する紙の商品券をデジタル化するサービス「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」の導入事例についてご紹介いたします。

「養老Payプレミアム2023」

導入自治体情報

岐阜県養老町さまは2021年10月に本サービス「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」を導入され、養老町独自のスマホ専用アプリ「養老Pay」内で「養老町プレミアム商品券」を電子マネーとして提供されています。

運用開始以降、「養老Pay」には町民のみなさまに安心かつ快適にご利用いただくための「生体認証機能」や養老町から離れて暮らす家族の方が同町に住む家族の見守りなどに活用できる「見守り機能」などの便利機能が追加され、さまざまなプロジェクトやイベントで利用されています。

本年度は、原油高や物価高騰による町内事業者の売上減少対策支援事業として実施される「養老Payプレミアム2023」において、引き続き本サービスをご活用いただいております。

養老Payプレミアム2023について

地域の商店や商店街の消費購買力を取り戻し、消費を喚起することで地域経済の振興、活性化を図ることを目的としています。

また、プレミアム紙商品券と併せて電子決済版「養老Pay」を発行することで新たな生活様式としてのキャッシュレス化の推進を図ります。

  • 販売総額:2億円(10,000円×20,000口)で販売 ※販売単位を口とし、最小単位1口10,000円で販売 / 紙券5,000万円(5,000口)/ 養老Pay(デジタル商品券)15,000万円(15,000口)

「養老Payプレミアム2023」の詳細はこちら

「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」について

「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社およびGMOデジタルラボ株式会社が提供する「プレミアム付商品券」を発行する自治体・事業者向けのサービスです。「プレミアム付商品券」のデジタル化により、消費者は「プレミアム付商品券」を直接出向いて購入する手間が削減できるほか1円単位での利用が可能となり、各店舗においては、来店の促進に加え紙の「プレミアム付商品券」で生じていた業務負荷を削減やキャッシュレス対応をすることができます。

「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」サービス詳細はこちら

  • URLをコピーしました!