自治体DXを支援する「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」に スマホ非保持者もデジタル商品券を利用できる仕組みを追加

GMOデジタルラボ株式会社
GMOペイメントゲートウェイ株式会社

 GMOインターネットグループにおいて、GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社(東証プライム:証券コード 3788、代表取締役社長:青山 満)の連結会社であるGMOデジタルラボ株式会社(代表取締役社長:山田 裕一 以下、GMOデジタルラボ)と、同グループにおいて総合的な決済関連サービス及び金融関連サービスを展開するGMOペイメントゲートウェイ株式会社(東証プライム:証券コード 3769、代表取締役社長:相浦 一成 以下、GMO-PG)は、自治体や事業者が発行する紙の商品券をデジタル化するサービス「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」において、本日2023年3月9日(木)より、スマートフォン以外でも購入(チャージ)・決済ができる仕組みを追加します。これにより、スマートフォン非保持者もデジタル商品券を利用できるようになるため、自治体や事業者は消費者の利用環境に関係なくサービスを提供しながらDXを進めることが可能となります。

自治体DXを支援する「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」に スマホ非保持者もデジタル商品券を利用できる仕組みを追加

【背景と概要】


 GMOデジタルラボとGMO-PGでは、2021年10月より自治体や事業者が発行する紙の商品券をデジタル化するサービス「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」を提供しています。自治体や事業者は本サービスを導入することで、システム開発をする必要なく商品券のデジタル化が実現でき、従来の紙の商品券発行の業務負荷削減やキャッシュレス対応が可能となります。消費者はスマートフォンを用いて専用サイトからクレジットカード決済等でデジタル商品券を購入(チャージ)し、QRコードを用いたキャッシュレス決済として利用することができます。最近では「地域限定デジタル商品券」「電子プレミアム商品券」のほか、「電子地域通貨」としても活用されています。
 本日2023年3月9日(木)より、スマートフォン非保持者も利用できるよう、現金でのチャージとスマートフォン以外へのQRコード表示の仕組みを追加します。これにより消費者は、QRコードが表示されたカード券面などを媒体として、取扱店舗でデジタル商品券の購入(チャージ)を現金で行い、QRコードを用いたキャッシュレス決済による利用が可能となります。
 なお、同日より岐阜県養老町で本サービスを活用した「養老Payカード」が発行されます。「養老Payカード」に印刷されたQRコードを対象の店舗で提示することで、スマートフォンがなくても、養老町の地域限定デジタル商品券や電子地域通貨の利用が可能となります。
 今後もGMOデジタルラボとGMO-PGは、自治体や事業者へ「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」の展開を拡大し、自治体・事業者のDXを支援してまいります。

【「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」について】

 「モバイル商品券プラットフォーム byGMO」は、自治体や事業者が発行する紙の商品券をデジタル化できるサービスです。「地域限定デジタル商品券」「電子プレミアム商品券」「電子地域通貨」等として利用が可能で、岐阜県養老町のほか複数の自治体や事業者への導入実績があります。
 自治体や事業者は本サービスを導入することで、従来の商品券を発行する際に発生していた対面を中心とする販売業務や、使用した商品券の回収・保管・集計・精算・換金などの業務負荷を削減できるほか、キャッシュレス対応も実現できます。
 消費者は、専用サイトでデジタル商品券の利用登録を行い同サイト上でクレジットカード決済やコンビニ決済で購入(チャージ)、もしくはQRコードが表示されたカード券面などを媒体として取扱店舗でデジタル商品券を現金で購入(チャージ)することが可能です(※1)。購入後は、デジタル商品券を利用できる店舗でQRコードを活用して1円単位でキャッシュレス決済として利用できます。なお、2023年3月9日(木)より同サイトでのチャージ方法としてPay-easyにも対応します。
 また、デジタル商品券を利用できる店舗においては、幅広い層の来店・利用促進が見込め、紙の商品券で生じていた紙特有の管理や換金業務も削減することができます。さらに、店舗専用のダッシュボードで自店舗におけるデジタル商品券の利用状況を分析し、マーケティングデータとして活用することも可能です。
 本サービスでは、システム開発をGMOデジタルラボ、自治体や事業者への販売をGMO-PGが担います。
サービスの詳細はこちら

 (※1)利用方法は自治体・事業者により異なります。

【GMOデジタルラボ株式会社について】

 1993年設立のGMOデジタルラボは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、企業の経営課題の解決や事業成長の支援を行っている企業です。
 主力サービスであるスマートフォンアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」では、各企業(店舗)に適したアプリを短期間・低価格で制作・開発することで、企業が抱える様々な課題解決に貢献します。これまでに2,980社・9,500店舗以上(※2)に導入されており、その実績をもとに店舗における集客や販促支援はもちろん、アプリを活用した業務の効率化、顧客データの利活用、POS等の外部システムとの連携など、企業のデジタル型ビジネスモデルへの変革に寄与しています。
 今後もGMOデジタルラボは「コトをITで変えていく。」のミッションのもと、便利で豊かな笑顔のある社会の実現に向け注力してまいります。

 (※2)2023年2月28日時点。

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社について】

 オンライン化・キャッシュレス化・DXなどを支援する決済を起点としたサービスを提供しています。年間決済処理金額は12兆円を超えており、オンライン総合決済サービスはEC事業者やNHK・国税庁等の公的機関など10万店舗以上の加盟店に導入されています。
 決済業界のリーディングカンパニーとして、オンライン総合決済サービス、対面領域での決済サービス、後払い・BNPL(Buy Now Pay Later)、金融機関・事業会社へのBaaS支援、海外の先端FinTech企業への戦略的投融資など、決済・金融技術で社会イノベーションを牽引し、持続可能な社会の実現と社会の進歩発展に貢献してまいります。(2022年12月末現在、連結数値)

【サービスに関するお問い合わせ先】

●GMOデジタルラボ株式会社
広報担当 羽田・後藤
E-mail:info@digitallab.jp

●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
イノベーション・パートナーズ本部
E-mail:ivp1_fin1@gmo-pg.com

【報道関係お問い合わせ先】

●GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
社長室 広報担当 大月・遠藤
E-mail:pr@gmogshd.com

●GMOペイメントゲートウェイ株式会社
企業価値創造戦略 統括本部 広報・UX部
TEL: 03-3464-0182
お問い合わせフォーム:https://contact.gmo-pg.com/m?f=767

●GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 青柳
TEL:03-5456-2695
E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

【GMOデジタルラボ株式会社】(URL:https://digitallab.jp/

会社名GMOデジタルラボ株式会社
所在地北海道札幌市中央区北2条西3丁目1番地 敷島ビル5F
代表者代表取締役社長 山田 裕一
事業内容■アプリ事業
■デジタルマーケティング事業
■デジタルデバイス事業
資本金3,455万円


【GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社】(URL:https://www.gmogshd.com/

会社名GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社 (東証プライム 証券コード:3788)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 青山 満
事業内容■電子認証・印鑑事業
■クラウドインフラ事業
■DX事業
資本金9億1,690万円

【GMOペイメントゲートウェイ株式会社】(URL:https://www.gmo-pg.com/

会社名GMOペイメントゲートウェイ株式会社 (東証プライム 証券コード:3769)
所在地東京都渋谷区道玄坂1丁目2番3号 渋谷フクラス
代表者代表取締役社長 相浦 一成
事業内容■総合的な決済関連サービス及び金融関連サービス
資本金133億23百万円

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/

会社名GMOインターネットグループ株式会社 (東証プライム 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■暗号資産事業
資本金50億円

Copyright (C) 2023 GMO DIGITAL Lab K. K. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2023 GMO Payment Gateway, Inc. All Rights Reserved.

  • URLをコピーしました!