「GMOおみせアプリ」、2014年の提供開始以来の導入実績3,000社を突破 ~突破を記念した導入支援キャンペーンを実施~

GMOデジタルラボ株式会社 

 GMOインターネットグループのGMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社の連結会社であるGMOデジタルラボ株式会社(代表取締役社長:山田 裕一 以下、GMOデジタルラボ)が提供している、企業・店舗専用の集客支援型アプリをオーダーメイドで制作するサービス「GMOおみせアプリ」(https://gmo-app.jp/)が、2014年の提供開始以来、2023年4月末時点で累計の導入実績が3,000社を突破しました。
 これを記念して、期間中にご商談をいただいた企業様に、ご希望のカスタマーサクセスプランを無償で提供するキャンペーンを実施いたします。初めてアプリ運用を行う店舗や、新任の担当者など販促の専門知識がない方でも、安心して制作から導入、導入後の活用までサポートを受けることができるプランです。この機会に、ぜひご活用ください。
 GMOデジタルラボは、今後も「GMOおみせアプリ」を通して、利用者の利便性向上と導入企業の課題解決を支援するアプリの開発を行っていきます。

「GMOおみせアプリ」、2014年の提供開始以来の導入実績3,000社を突破 ~突破を記念した導入支援キャンペーンを実施~

「GMOおみせアプリ」について

 「GMOおみせアプリ」は、企業・店舗専用のカスタマイズ可能なパッケージアプリ制作サービスです。ロイヤルカスタマーを育て、企業や店舗の集客を強化することができる低コストの販促·集客手法として、多くのお客様にお選びいただいています。
 2014年の提供開始以来、サービスを通じて、飲食業、美容業、小売業、自動車販売・整備業など様々な業種の販促や集客に対応した機能を提供し、柔軟なシステム連携で中小企業を中心に集客支援や業務効率化などのDX支援を行ってきました。

<業種別導入内訳>

 美容業、飲食業、小売業などを中心に、スタンプやポイント、クーポンを活用した再来店の促進や、ECや回数券チケット、サブスクリプションなどによる販売チャネル拡大、年代や性別などの属性データを活用したマーケティング施策をご活用いただいています。

導入業種内訳

「GMOおみせアプリ」の特徴

<店舗サイド>

■制作おまかせOKなセミオーダーアプリ

 基本の機能と選べるカスタマイズ機能のセミオーダー式で、制作の打ち合わせから運用開始後の活用支援まで専任のスタッフがサポートします。幅広い業種に対応できる基本機能のほかに、POSやCRM、予約システムなどの連携に対応することで、企業の使い勝手にフィットするオリジナルのアプリの制作を低コスト、短納期で実現することができます。

■販促施策の電子化で業務負担の軽減と効率化に貢献

 従来、紙などで発行していた店舗のスタンプカードやポイントカードをアプリで電子化することにより、レジでの会計時にスタンプを押すプロセスが不要になり、利用者がアプリのスタンプ画面を開いた状態で、QRコードを読み込むだけでスタンプを付与することができます。そのため、レジ業務の効率化や無人店舗などでもスタンプを付与することができるなど、店舗にとっての利便性が向上します。

■誰でも簡単にデータマーケティングが可能

 忙しい店舗業務の合間でも、データの分析や、顧客データを抽出したセグメント別の情報配信などを簡単に実施することができます。
 「GMOおみせアプリ」には、制作したアプリの総ダウンロード数に対して、性別や年代などの属性情報を入力するユーザーが約7割いるため、自社アプリのユーザーに対してそのデータを抽出した情報配信ができる環境が整備されています。

GMOおみせアプリが保有する属性データの入力率

<利用者サイド>

■アプリのスタンプ・クーポンなら持ち忘れなし!お財布もスリムに

 お財布のスペースを圧迫していたスタンプカードやポイントカードがスマートフォンアプリで利用できれば、持ち忘れがなくなり、クーポンの利用機会も逃しません。利用に際して難しい操作は必要ないため、年代問わずご利用いただくことができます。

■属性情報を登録すれば、より自分に合った情報だけを受け取れる


 利用者は、性別や年代、いつも利用する店舗などを登録しておけば、自分の興味関心に近い情報や、よく利用する店舗からのお知らせやクーポンなどを受け取ることができます。また、来店履歴などをもとに情報やクーポンが配信されることもあり、自分の関心に近いお知らせや「自分のために」送ってくれる情報・クーポンなどによって、お店をもっと好きになるきっかけが生まれます。

【導入・運用支援キャンペーンを開催】

 これまで数多くの企業様から販促·集客につながるアプリ活用方法について、ご相談をいただいてきました。その中でよく聞かれる課題として「導入後の活用がうまくできない」「ダウンロード数を伸ばせない」「導入効果がわからない」というものがありました。
 GMOデジタルラボは、こうした企業様の課題を解決し、効果を実感していただくために、社内のカスタマーサクセスチームによる導入、運用、活用支援を行っております。
 この度「GMOおみせアプリ」の導入実績が3,000社を突破したことを記念し、これまでのご愛顧への感謝と、さらなる運用成果を出していただくべく、期間中に商談いただいた企業様に対して、ご希望のカスタマーサクセスプランを無償で提供するキャンペーンを実施いたします。

<キャンペーン概要>

開催期間2023年5月10日(水)~2023年5月31日(水)
概要期間内に商談いただいた企業様に対して、下記3つのプランのうちご希望のカスタマーサクセスプランを無償提供
カスタマーサクセス(CS)プランCSオンボーディングプラン(導入支援) 制作準備から運用開始までの2カ月間を専任スタッフがサポート

CSフォローアッププラン(運用定着支援) アプリリリース後、運用が軌道に乗り定着するまでのスタートの3カ月間を専任スタッフがサポート

CSアドバンスプラン(活用支援) 運用定着後の6カ月間、定期的なフォローアップやレポーティングにより活用・さらなる効果を実感していただくためのサポート
お問い合わせ先https://marketing.gmo-app.jp/press_202305_campaign.html

※「GMOおみせアプリ」のご利用プランによりCSプランの適用範囲が異なります。
詳細はhttps://marketing.gmo-app.jp/press_202305_ask.htmlよりお問い合わせください。

GMOデジタルラボについて

 1993年設立のGMOデジタルラボは、デジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、企業の経営課題の解決や事業成長の支援を行っている企業です。
 主力サービスである「GMOおみせアプリ」では、各企業(店舗)に適したアプリを短期間・低価格で制作・開発することで、企業が抱える様々な課題解決に貢献しています。これまでに3,000社・9,700店舗以上(※1)に導入されており、その実績をもとに、店舗における集客や販促支援はもちろん、アプリを活用した業務の効率化、顧客データの利活用、電子カルテシステム等の外部システムとの連携など、企業のデジタル型ビジネスモデルへの変革に寄与しています。

 今後もGMOデジタルラボは「コトをITで変えていく。」のミッションのもと、便利で豊かな笑顔のある社会の実現に向け注力してまいります。

 (※1)2023年4月30日(日)時点

サービスに関するお問い合わせ先

●GMOデジタルラボ株式会社
広報担当 後藤・吉田
E-mail:info@digitallab.jp

報道関係お問い合わせ先

●GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社
 社長室 広報担当 大月・遠藤
E-mail:pr@gmogshd.com

●GMOインターネットグループ株式会社 
グループコミュニケーション部 広報担当 青柳
TEL:03-5456-2695
E-mail:pr@gmo.jp

会社情報

【GMOデジタルラボ株式会社】(URL:https://digitallab.jp/

会社名GMOデジタルラボ株式会社
所在地北海道札幌市中央区北2条西3丁目1番地 敷島ビル5F
代表者代表取締役社長 山田 裕一
事業内容■アプリ事業
■デジタルマーケティング事業
■デジタルデバイス事業
資本金3,455万円


【GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社】(URL:https://www.gmogshd.com/

会社名GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社 (東証プライム 証券コード:3788)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役社長 青山 満
事業内容■電子認証・印鑑事業
■クラウドインフラ事業
■DX事業
資本金9億1,690万円

【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/

会社名GMOインターネットグループ株式会社 (東証プライム 証券コード:9449)
所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者代表取締役グループ代表 熊谷 正寿
事業内容■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■暗号資産事業
資本金50億円

Copyright (C) 2023 GMO DIGITAL Lab K. K. All Rights Reserved.

  • URLをコピーしました!